小谷村商工会ホーム » 共済のご相談

共済のご相談

事業主のために、国の援助などによって経営の安定と企業発展に必要不可欠な各種の共済制度が設けられています。

小規模企業共済

特色

  1. 掛金は全額が所得控除の対象となります。
  2. 共済金は、一時払い、分割払い又は両方の併用のいずれかを選択することができます。併用を選択する場合には、一定の条件が必要です。
  3. 共済金は全額が退職所得又は公的年金等の雑所得として取り扱われます。
  4. 一定の資格を有する方は、貸付制度を利用できます。

加入資格

  1. 常時使用する従業員が20人(商業・サービス業は5人)以下の個人事業主または会社の役員。
  2. 事業に従事する組合員の数が20人以下の企業組合の役員。
  3. 常時使用する従業員の数が20人以下の協業組合の役員。

掛金

  1. 最低1,000円から最高70,000円までの範囲内(500円きざみ)で選択できます。
  2. 毎月の掛金は預金口座振替で納付します。(振替日・毎月18日)
  3. 掛金は前納できます。この場合、一定割合の前納減額金が支払われます。
  4. 掛金は最高限度額(70,000円)まで増額できます。
  5. 掛金は次の理由により掛金納付が困難となった場合、減額することができます。
    ・事業経営の著しい悪化
    ・疾病または負傷
    ・危急の費用の支出
    ・売上減少、支出の増加等による事業経営の著しい悪化が見込まれるとき

申込(商工会または金融機関へ)

  1. 実印
  2. 銀行印及び口座番号
  3. 初回掛金

参考リンク

商工貯蓄共済

特色

  1. 掛金の大部分は積立に回りますので、知らず知らずのうちに貯蓄が出来ます。
  2. 安い保険料で大きな保障が受けられ、万一の場合は保険金とそれまでの積立金も一緒に支給されます。
  3. 家族や従業員の方も加入でき、同じ保障が受けられますので、優秀な人材の確保ができます。
  4. 積立金の3倍までの範囲内で低利な融資を受けることができます。
  5. 商工会の組織強化が図られ、会員の団結が出来、事業活動もいっそう円滑となります。

加入資金

  1. 商工会の会員及びその家族、従業員。
  2. 5歳7ヶ月から65歳6ヶ月までの健康な方。

掛金

  1. 1口2,000円から。
  2. 加入モデルにより最高加入口数に制限があります。
  3. 詳細は商工会へお問い合せください。

申込(商工会へ)

  1. 認め印
  2. 銀行印および口座番号
  3. 初回掛金

このページのトップへ